メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

言葉は偉大な武器である――ウクライナ危機に見る指導者の資質

日本の政治家に力量はあるか/言葉の力を知らずして国民と国際社会は束ねられない

花田吉隆 元防衛大学校教授

拡大ウクライナのゼレンスキー大統領=2022年3月3日(Photographer RM/Shutterstock.com)

 日本でもすっかりお馴染みになったウクライナのゼレンスキー大統領。大統領の姿を目にする時、大統領はいつも決まって何かを訴えている。危機に当たり、指導者に求められる資質は何か。いくつかある中で、言葉の持つ力を知り、その力を使いこなせることであるのは間違いない。国民をまとめ上げ、国際社会に支援を訴えかけるのは言葉を通して以外にないからだ。

拡大欧州議会の特別セッションにオンラインで演説したウクライナのゼレンスキー大統領。議員は総立ちで拍手を送った=2022年3月1日(Alexandros Michailidis/Shutterstock.com)

ゼレンスキー大統領の訴え

 国土が戦火に燃えさかる中の23日、ゼレンスキー大統領が日本国民に必死の訴えを行った。ウクライナの惨状は、日々、報道を通し我々の目に焼き付いて離れない。最高指揮官の生の声は我々に強い印象を与えた。日本も可能な限りの支援を惜しむものではない。今の国際情勢にあって、いつ立場が入れ替わるか分からない。我々は、同じ運命共同体にいるのだ。

拡大ウクライナ南東部マリウポリ市で3月14日にドローンで撮影された住宅地。ソーシャルメディアの画像から。市当局の情報では、ロシア軍に包囲され水や電気、食料の供給が途絶えたまま市民は地下室などに避難している
 侵攻開始から1か月余りが経ち、ウクライナ国民は今日も必死の抵抗を続けている。報道で伝えられる現地の惨状は目に余る。戦闘員ばかりか一介の市民も巻き添えになり、明日をも知れぬ生活を送っている。国民の支えになっているのはゼレンスキー大統領だ。その甲斐あって、彼の地では、団結心と祖国愛が異様なまでの高まりだ。

ウクライナの民の戦い―ロシア側の想像を超えた祖国愛

拡大ロシアのプーチン大統領(Rokas Tenys/Shutterstock.com)
 ウクライナは、1991年、ソ連崩壊と時を同じくして独立した。それまで、国は幾度となく近隣の脅威にさらされその存立さえ失われてきた。ようやく独立を勝ち取った後も、指導者の汚職等があり、国民が国家や政府に多くを期待することはなかった。ウクライナ人としてのアイデンティティーは何年経っても高まることがなく、プーチン大統領も、ウクライナ国民がこれほどの祖国愛を示そうとは夢にも思わなかった違いない。

 しかし、今、国民は、国の存亡をかけ必死に戦っている。ここで白旗を掲げれば、ウクライナという国は事実上地図の上から消えるかもしれないし、ロシアの圧政の下のウクライナは、最早、国民が知るウクライナではない。そう思うからこそ、国民は今日も武器を手にロシア軍の猛攻に耐えている。

拡大戦闘での犠牲者に祈りを捧げるウクライナ兵=2022年3月(Bumble Dee/Shutterstock.com)
拡大ウクライナでの民間人の軍事演習=2022年2月(Drop of Light/Shutterstock.com)

国民の団結と抵抗の支柱になった大統領

 その国民の拠り所となり、団結の礎となっているのがゼレンスキー大統領だ。大統領自身、幾度か暗殺の危険に見舞われたし、ロシア軍は大統領を標的にしているともいう。大統領の身の安全のため、ひとまず、キエフから離れもう少し安全が確保できるところに避難したらどうかとの勧めもある。しかし大統領はそういう声に耳を傾けようとせず、キエフから毎日、国民にメッセージを送り続けている。

 今や、ゼレンスキー大統領を一介のコメディアン上りとあしらう者はいない。政治経験の欠如や就任後の実績不足も何のその、大統領の支持は大きく上昇した。今や、大統領こそが、抵抗のなくてはならない支柱になっている。

拡大ロシアの侵攻から1カ月を経た3月24日に投稿したビデオメッセージで演説するゼレンスキー・ウクライナ大統領=ゼレンスキー氏のSNSから

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

花田吉隆

花田吉隆(はなだ・よしたか) 元防衛大学校教授

在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授等を経て、早稲田大学非常勤講師。著書に「東ティモールの成功と国造りの課題」等。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

花田吉隆の記事

もっと見る