メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ウクライナで増え続ける戦死者 「数」の向こう側に隠された1人ひとりの生死

独ソ戦に志願した女性兵士の証言から読み解く戦場の実相

木代泰之 経済・科学ジャーナリスト

 ウクライナ侵攻で、おびただしい数の戦死者が出ている。ウクライナ軍の発表(3月26日)では、ロシア軍の戦死者は1万6400人。一方、ロシア軍の発表(3月3日)ではウクライナ軍の戦死者は2870人である。

 ともに誇張があるかもしれないが、今後、ウクライナ東南部が主戦場になれば、戦死者数は更に増えると見られている。

 兵士がどこでどのように戦って死傷したかは、軍の秘密情報なので明らかにされない。私たちは戦闘後の映像や双方の戦死者の数を見て、勝敗の行方を見守るしかない。

ロシアの爆撃で破壊されたキーフの住宅=Drop of Light/shutterstock拡大ロシアの爆撃で破壊されたキーフの住宅=Drop of Light/shutterstock

ミサイル攻撃された戦車や装甲車での戦死

 ロシア戦車がドローンや対戦車ミサイルで破壊されている。戦車にはふつう車長、操縦手、砲手、砲弾装てん手の4人が乗る。自動装てんの戦車なら3人である。

 ウクライナ軍はロシアの戦車575両を破壊したと発表した。事実なら2千人ほどが戦死している。戦車の壊れ方はすさまじく、乗員は高熱と爆風で一瞬のうちに死亡したはずだ。

 装甲戦闘車も1640台を破壊したという。これには車長、操縦手、砲手の他に武装歩兵が7人ほど乗るので、1万人ぐらいが戦死した可能性がある。

 他にヘリコプター127機、自動車1131台、大砲システム129台を破壊したとしており、2千人ぐらいの戦死が考えられる。合計すると冒頭の戦死者数(1万6400人)に近くなる。

横行する徴用逃れ、未熟な徴用兵が戦場へ

 このロシア軍の戦死者の中に18~20歳代の徴用兵が相当数いたことが発覚し、母国で問題になっている。

・・・ログインして読む
(残り:約2507文字/本文:約3150文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

木代泰之

木代泰之(きしろ・やすゆき) 経済・科学ジャーナリスト

経済・科学ジャーナリスト。東京大学工学部航空学科卒。NECで技術者として勤務の後、朝日新聞社に入社。主に経済記者として財務省、経済産業省、電力・石油、証券業界などを取材。現在は多様な業種の企業人や研究者らと組織する「イノベーション実践研究会」座長として、技術革新、経営刷新、政策展開について研究提言活動を続けている。著書に「自民党税制調査会」、「500兆円の奢り」(共著)など。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

木代泰之の記事

もっと見る