メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

戦争を「終わらせる」を困難にする人の心のありか

「プーチン支持」指揮者ゲルギエフの倒錯、「勝つ」に傾くことの悲劇

大野博人 元新聞記者

苦しむ人たちへの思いと祖国の名誉の狭間で

 来日公演に向けて熱心に語ったのは、20世紀を代表する作曲家のひとりプロコフィエフについてだった。交響曲の全曲演奏などがプログラムに組まれていたからだが、音楽家としての自分の姿を重ねているようにも見えた。

 プロコフィエフは帝政ロシア時代のウクライナに生まれ、音楽家として若いときから注目された。ロシア革命が起きると、その混乱から逃れアメリカやフランスで暮らし活動していた。だがその後、新生ソ連に帰る。

 「革命後の祖国に戻ったとき、彼は深く苦しんだでしょう。なぜなら、彼の愛したロシアを見つけることができなかったからです。でも彼は作曲に専念した。クレムリンにいるのがスターリンだろうとレーニンだろうと、どうでもよかった。自分には作曲があると思ったのです」

・・・ログインして読む
(残り:約3534文字/本文:約4814文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

大野博人

大野博人(おおの・ひろひと) 元新聞記者

朝日新聞でパリ、ロンドンの特派員、論説主幹、編集委員などを務め、コラム「日曜に想う」を担当。2020年春に退社。長野県に移住し家事をもっぱらとする生活。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

大野博人の記事

もっと見る