メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

民主党政権が失敗に終わった本当の理由~悪いのは「マニフェスト」ではない

政権運営のためのOSをつくれず、社会変革への国民の期待に応えられなかった罪は重い

福島伸享 衆議院議員

すべて理屈が通っている「マニフェスト」

――この衆院選で福島さんも議席を得たわけですが、政権を間近で見ていてどうでしたか。

福島 民主党政権が失敗したのは、国民に約束した「マニフェスト」を実現できなかったからとよく言われますね。その典型は沖縄の普天間米軍基地の移設問題。マニフェストにこそ書いていませんが、鳩山さんは選挙中、民主党が政権をとったら、普天間基地を「最低でも県外、できれば国外」と発言しましたが、米国を相手にした交渉は難航、迷走した挙げ句、県外移転もままなりませんでした。

 2010年には鳩山政権が総辞職して菅直人政権が発足、直後に参院選がありましたが、消費税増税を打ち上げたことで惨敗、「衆参のねじれ」を招きました。11年には東日本大震災が起こり、対応に手間取るなか、内閣支持率が下がって退陣。後継の野田佳彦政権は三党合意で消費税増税を決めたましたが、それに小沢一郎さんに近いグループが反発して離党。12年年末の衆院選で惨敗して民主党政権が終わるというのが一般的に言われている流れです。

 民主党系の議員の多くは今でも、民主党政権がうまくいかなったのは、実現できないマニフェストを小沢さんが主導して掲げたこと、「小沢グループ」が離党してばらばらになったとためだと思っているようですが、私はそうではないと思っています。マニフェストは絵空事ではない。基礎年金制度であれ、子ども手当であれ、すべて理屈が通っています。

 09年衆院選をマニフェストは絵空事と思って戦った政治家があるとすれば、私は許せません。国民に嘘をついたわけですから。そういう人が現職の政治家だとすれば、即刻、引退しろと言いたいですね。

拡大2009年衆院選の際の民主党のマニフェストの表紙

民主党政権はOSの入っていない“パソコン”

福島 では、なぜ民主党政権がうまくいかなかったのか。私は、民主党政権がOSの入ってない“パソコン”だったからだと思っています。

――OSの入ってないパソコン、ですか……

福島 OSとはアプリを動かすための土台となるソフトウェア。これがないとアプリがうまく管理・制御できません。たとえて言えば、ウインドウズが入ってないので、ワードやエクセルが起動しないというのが、民主党政権でした。OSは政権運営の仕組み、アプリは政策ですね。

――どうして、OSを入れられなかったのでしょうか。

福島 経産省の先輩でもある松井孝治(参議院議員)さんが当時、官房副長官としてOSをつくる役目を担いました。政治主導確立法案を成立させ、内閣官房の国家戦略室を国家戦略室に格上げして法定化したり、首相補佐官の枠を増やしたりするはずでした。政府の意思決定の仕組みを変えるようとしたわけです。

 しかし、政治主導確立法案は成立せず、新しい仕組みは導入されなかった。OSが入ってないから、政策というアプリをいくら入れても実現しなかった。民主党政権の失敗は、政治主導で物事が決める新たな仕組みを、様々な政策を動かす前、とりわけ普天間基地移設のような、外交相手が絡む複雑な案件に取り組む前に、OSをインストールしなかった点にあります。

全知全能の気分になった政務三役の勘違い

拡大福島伸享さん=衆院議員会館
福島 当時、政府に入った民主党議員の多くは、政権交代に浮かれて、全知全能になった気分だったと思います。OSが入ってないのに、自分は権力を持っているんだから、キーボードをクリックすればアプリは動く。役人はついてくると勘違いしました。ある大臣は、上着のポケットに常時マニフェストを入れて、折に触れて「どうしてできないのか」と役人に迫ったと言われています。OSが入っていないから動かなくて当然です。

 家を建てるのには、まず基礎工事をしっかりやらなくてはダメです。しかし、その間の2、3カ月間は上の建物は見えません。ただ、国民は建物を早く見たいと思う。そうした世論に応えようとして、基礎をつくる前に柱を建てたり壁の色を選ぼうとしたりしてしまったのが民主党政権の誤りでした。くわえて、民主党という政党の構造にも原因があったと思います。

――政党の構造とは?

福島 民主党は様々な流れの政治家たちがいる寄り合い所帯です。ひとつは新進党やさきがけなど、元々は自民党にいた人たちの流れです。社会党から来た労働組合系の流れもあります。そのほか、日本新党、民主党などの新党に集まってきた松下政経塾出身者などの若い政治家の流れがあります。

 なかでも、衆議院に小選挙区比例代表制が導入されて以降、1996年、2000年の選挙において、どちらかと言えば風が吹きやすい都会で当選してきた人が多かった。彼らはまだ若く、社会で組織を動かした経験の乏しい人が少なくありませんでした。

 03年の衆院選以降、05年、09年と中央省庁のエース級官僚やビジネスの世界でバリバリ働いていた人たちが、次々と民主党に入ってきました。民主党がまさしく上り調子のときです。そういう人たちには社会経験はありますが、政権ができた際には当選回数の問題もあり、政府には入れなかった。入ったのは、期数の多い96年、00年に当選した議員たちでした。

 組織を動かした経験がないそうした議員の中には、組織を動かすにはそのための仕組み、OSが必要だとわかっている人が少なかった。OSをつくる能力にかけて圧倒的にたけていたのは松井さんでしたが、官房副長官になった松井さんは官邸内で足を引っ張られて、改革を進められませんでした。

>>>この記事の関連記事

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

福島伸享

福島伸享(ふくしま・のぶゆき) 衆議院議員

1970年生まれ。1995年東京大学農学部を卒業後、通商産業省(現経済産業省)に入省。橋本龍太郎政権での行政改革や小泉政権での構造改革特区制度の創設の携わる。2009年衆議院議員初当選(民主党)の後、2021年の衆議院議員選挙で3選。現在無所属で5人会派「有志の会」に所属。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

福島伸享の記事

もっと見る