メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

実は公明党と似ている日本維新の会。どういう政党か~参院選で躍進。今後は……

「政党」としての公明党~一学究の徒の政治学研究【10】

岡野裕元 一般財団法人行政管理研究センター研究員

 「論座」では「『政党』としての公明党~一学究の徒の政治学研究」を連載しています。1999年に自民党と連立を組んで以来、民主党政権の期間をのぞいてずっと与党だったこの党はどういう政党なのか、実証的に研究します。10回目は、先の参院選で躍進した日本維新の会について、公明党を参照しつつ論じます。(論座編集部)
◇連載「『政党』としての公明党~一学究の徒の政治学研究」は「こちら」からお読みいただけます。

拡大参院選の投開票を受けた共同会見で質問に答える日本維新の会の松井一郎代表=2022年7月10日、大阪市北区

 2022年参議院が終わった。日本維新の会は12議席(改選前6議席)を獲得。比例区では立憲民主党を上回る躍進ぶりを見せた。

 とはいえ、今回も「大阪府外の壁」は高かったようだ。近畿圏の大阪選挙区(4人区・2人当選)、兵庫選挙区(3人区・1人当選)で強さを発揮したのに対し、近畿外の9選挙区(東京、千葉、埼玉、茨城、愛知、京都、奈良、広島、福岡)では次点(選挙データの参照先は、「参議院議員通常選挙(2022年7月10日・第26回)」『朝日新聞』2022年7月11日閲覧)。首都圏での唯一の成果は、神奈川選挙区(4+1人区・1人当選)で、同県知事だった松沢成文氏が当選したのみだ。

 今回、候補を擁立した7選挙区(埼玉、東京、神奈川、愛知、大阪、兵庫、福岡)で全員の当選を果たした公明党(13議席獲得)にとっても、近畿圏は選挙地盤の一つであり、それは維新と重なる。2021年衆院選の小選挙区で公明党は9議席を獲得しているが、うち6議席が近畿だ(公明党HP「第49回衆院選 結果分析」2021年11月3日2022年7月7日閲覧)。

 本稿では、既存の報道、著作や先行研究等も用いながら、維新とはどのような政党かを整理し、確認する。そのうえで、次回、次々回は日本維新の会の藤田文武・幹事長(衆議院議員)への取材・インタビューも交えつつ、党組織の実態に迫りたい。維新の歴史については、塩田潮『解剖 日本維新の会 大阪発「新型政党」の軌跡』(平凡社、2021年)が詳しいので、そちらも参照していただきたい。

カリスマが党を創立

 第1回「自民党との連立で「質的役割」を果たした公明党~ライバルは日本維新の会か」でも指摘したが、公明党と日本維新の会は実はよく似ている。「突拍子だ」と思われるかもしれないが、公明党を論じるなかで、各党の政党組織も比較、考察し、改めてそう強く認識させられた。

 共通点のひとつは、カリスマの党創立者(公明党は池田大作氏、維新は橋下徹氏)が存在するということだ。

 橋下徹氏は2015年12月に大阪市長を退いた後も、「政界を去った後も松井や大阪市長の吉村洋文と定期的に連絡を取り合い、その言動は維新に対して依然強い影響力があった」と指摘される(朝日新聞大阪社会部『ポスト橋下の時代 大阪維新はなぜ強いのか』朝日新聞出版、2019年、p.35)。ただ、2022年3月末、橋下氏が代表を務める事務所は、大阪維新と法律顧問の契約期間を終了している(「橋下徹氏、大阪維新の会と法律顧問契約解消」『産経新聞』2022年4月6日2022年7月7日閲覧)。

 維新を理解するには、松井一郎・大阪市長、浅田均・参議院議員の存在も欠かせない。作家の塩田潮氏によると、大阪維新の会の2010年4月の結党メンバーの一人である岩木均氏は、「『維新を作り上げたのは橋下さんの発信力、松井さんの求心力、浅田さんの政策力です』」と評している(塩田潮『解剖 日本維新の会 大阪発「新型政党」の軌跡』平凡社、2021年、p.41)。「浅田、松井、橋下はその後、『維新の三本柱』と呼ばれることになる」(同書、p.41)。とはいえ、松井氏も7月10日に代表辞任を表明した(「維新・松井一郎氏が記者会見で代表辞任を表明、党初の代表選へ」『朝日新聞』2022年7月10日2022年7月11日閲覧)。

 池田大作氏の人物像は、主著である『人間革命』などを読むと見えてくるが、巨大組織を率いるだけの力量もあってカリスマ性があると感じる。筆者は創価学会員ではないが、今回初めて国会図書館で少しだけ読んだ。外部から見た創価学会の研究については、数多くの著者があるので、詳細はそちらに譲る。

 とはいえ、本稿と次稿は、両氏のパーソナリティを分析するものではない。公明党との比較も交えつつ、国政政党・日本維新の会及び地域政党・大阪維新の会(以下、維新と略記する。)の党組織について政治学的に論じることが目的だからである。

拡大「大阪維新の会」発足式で乾杯する橋下知事(中央)=2010年4月19日、大阪市北区

>>>この論考の関連記事

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

岡野裕元

岡野裕元(おかの・ひろもと) 一般財団法人行政管理研究センター研究員

1989年千葉県佐倉市出身。学習院大学法学部卒業。学習院大学大学院政治学研究科政治学専攻博士後期課程修了、博士(政治学)。現在、一般財団法人行政管理研究センター研究員のほか、報道番組の司会者の政治アドバイザーも務める。元青山学院大学文学部・学習院大学法学部非常勤講師。専門は、地方政治、政治学。著書に、『都道府県議会選挙の研究』(成文堂)、『官邸主導と自民党政治――小泉政権の史的検証』(共著、吉田書店)。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

岡野裕元の記事

もっと見る