メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

天然ガスでEUを締め付けるロシア、首相辞任で混迷のイタリア、安倍元首相を亡くした日本は?

世界情勢が不安定化するなかでの岸田政権

花田吉隆 元防衛大学校教授

 西側は強力な対ロ制裁を実行するが、ロシアも負けていない。実弾はウクライナの地で飛び交うが、もう一つ、ロシアと西側諸国間で制裁を巡り別の戦いが進行する。どちらが先に白旗を上げるか、戦いは長期戦だ。その中で、一つの天王山が今冬に迫る。そういう折も折、この重要な時に西側の政権基盤が緩み出した。日本のみ例外かと思いきや、安倍元首相の死去が思わぬ暗雲を投げかける。

ロシアの武器は天然ガス

 ロシアの欧州に対する締め付けが強烈だ。武器は天然ガスの供給削減。EUは、既に石炭、石油の輸入停止を合意済みで、EUのミシェル大統領は、更に天然ガスをもと意気込むが、掛け声だけで、実際はなかなかそういかない。EUが天然ガスも輸入停止すれば制裁は一段と効果的になるが、EUが受ける被害も尋常でないからだ。ロシアは、その西側の弱みを突く。

 EUのフォンデアライエン委員長は、ロシアはガスを兵器として使うと非難するが、実際、ロシアにとりガスは石炭、石油に比べ兵器としてはるかに「使い勝手」がいい。欧州にとり、石炭や石油は他国からの輸入で代替可能だが、ガスはパイプライン輸送が止まればLNGで代替するしかない。

拡大フォンデアライエン欧州委員長(左)=2022年6月28日、ドイツ南部エルマウ

 ところがLNGは運んできたものを専用施設で気化させねばならず、その建設は一朝一夕でできるものでない。だから、パイプラインが止まれば代替措置は限られる。しかも、石油輸出はロシアGDPの10%を占めるが、ガスは2%でしかなく、ガスが輸出されなかったとしてもロシアにとっての痛みは限定的だ。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

花田吉隆

花田吉隆(はなだ・よしたか) 元防衛大学校教授

在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授等を経て、早稲田大学非常勤講師。著書に「東ティモールの成功と国造りの課題」等。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

花田吉隆の記事

もっと見る