メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ウクライナ侵攻から半年 出口へのカギを握るのは?

欧州の分断と米国の厭戦気分

花田吉隆 元防衛大学校教授

 ロシアがウクライナに侵攻し8月24日で半年だ。ウクライナからは日々、悲惨な現状が伝えられる。戦火の中、家族を失い住む場所もなくなった、着の身着のまま慣れ親しんだ場所を後にしたが、明日からどうやって生きていったらいいのか、そういう惨状の報告が後を絶たない。

 そもそもこのロシアの戦争に大義はない。唯一、NATO拡大がロシアの安全を脅かし、ウクライナだけは何としても死守しなければならないとプーチン大統領が考えたことに、ほんのわずかな理があるとでも言えるだろうか。国際秩序を守るべき立場にある国連常任理事国が、自ら戦後秩序を破壊する挙に出た。そこには正当化できる何の理屈も見出し難い。ウクライナ国民は一方的にプーチン大統領の暴挙の犠牲になっている。そう考えるからこそ、これは国際秩序を守る戦いだとして、西側が一致団結しウクライナを支援している。ロシアの非道を許してはならない。

拡大ロシア軍の侵攻で大きな被害を受けた建物。1階のイタリアンレストランを、作業員たちが片付けていた=2022年8月4日、ウクライナ・イルピン

 ただ、それはそうとして、日々伝えられる悲惨な犠牲をこのまま続けていいものか、我々はその思いもまた否定し去ることができない。

 一体この戦争はいつまで続くのか。出口はあるのか。誰しもがそう思う。3つのレベルで考えてみたい。

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

花田吉隆

花田吉隆(はなだ・よしたか) 元防衛大学校教授

在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授等を経て、早稲田大学非常勤講師。著書に「東ティモールの成功と国造りの課題」等。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

花田吉隆の記事

もっと見る