メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

地方の暮らし、農業、食の安全、子どもの教育を守りたい~女性たちの決意と挑戦

「女性のための政治スクール」30年の歩みから考えるジェンダーと政治【15】

円より子 元参議院議員、女性のための政治スクール校長

 元参院議員の円より子さんが1993年に「女性のための政治スクール」を立ち上げてから来春で30年。多くのスクール生が議員になり、“男の社会”の政治や社会を変えようと各地で奮闘してきました。平成から令和にかけて、「女性」をはじめとする多様な視点は政治にどれだけ反映されるようになったのか。スクールを主宰する円さんが、自らの政治人生、スクール生の活動などをもとに考える「論座」の連載「ジェンダーと政治~円より子と女性のための政治スクールの30年」。今回はその第15話です。(論座編集部)
※「連載・ジェンダーと政治~円より子と女性のための政治スクールの30年」の記事は「ここ」からお読みいただけます。

 2011年3月11日に起きた東日本大震災では、岩手・宮城の両県だけでも2000万トンを超すがれきが出た。津波で破壊された家々や家財道具ががれきと化したからだ。

 「円さん、鎮守の森のこと知っていますか」。そう細川護熙元総理から電話があったのは震災後ほどなくしてのことだった。

「森の長城プロジェクト」で広がる緑の防潮堤

 原発事故の処理をどうするかに、民主党政権は頭を悩ませ、対応に追われていたが、膨大な量のがれき処理もまた、大きな問題だった。

 「あの津波でも鎮守の森はやられてないんですよ」と細川さん。人間が材木生産を優先して人工的に作った針葉樹林は津波でやられたが、鎮守の森の常緑広葉樹は地中深く根を張るため、倒れずに残ったのだという。

 膨大な量のがれきを埋めた上に常緑広葉樹を植えて森をつくれば、がれき処理だけでなく、防潮堤にもなる。それが細川さんからの私への伝言だった。

 がれきは焼却すれば二酸化炭素が出るし、広域処理ではコストがかかる。地元での有効活用が一番だ。そうした前例は幾つもあると言う。横浜の山下公園は関東大震災後にがれきを活かしてつくられた公園だし、ロッテルダム、ミュンヘン、ベルリンの立派な森の下には、第2次世界大戦後のがれき、戦車さえ埋まっているという。

 コンクリートの巨大防潮堤より、がれきを埋めて、常緑広葉樹の森をつくったほうが津波にも強いし、美観もいい。どんぐりから苗木を育てて植えるという行為を、子どもたちや大人が一緒にやるのは素晴らしい。豊かな森のミネラルが海に注がれ、漁業や養殖業が盛んな海を一層豊かにできる。一石二鳥どころか、三鳥四鳥にもなる。

 私はすぐさま、常緑樹の森づくりを世界中で広めていた生態学者の宮脇昭先生と細川さんに、がれきの処理に悩んでいた細野豪志環境大臣や平野達男復興副大臣と会ってもらった。さまざまに鎮守の森構想を説いたが、結局、細野さんはがれきは広域処理で焼却し、宮城県の村井嘉浩知事は、海と人を遮断する巨大なコンクリートの防潮堤に着手した。

 100年後、いや1000年後を見すえた森の防潮堤は政府には顧みられなかったが、細川さんは諦めず、宮脇先生と共に「瓦礫を活かす森の長城プロジェクト」を立ち上げた。東日本大震災から10年、今、東北の海沿いに多くのボランティアによって植樹された緑の防潮堤が広がりつつある。

拡大初回の植樹をする故・宮脇昭氏(左から2人目)。左は碇川豊前町長で、右から細川護熙元首相と細野豪志環境相(当時)=2012年4月、岩手県大槌町小鎚

東日本大震災を経験し東京から安曇野へ~小林陽子さん

 その東日本大震災の際、2人目の子どもを産んだばかりの小林陽子さんは、「東京ではくらせない、子どもを育てられない」と感じたという。「産後うつだったのかもしれないけれど、計画停電で街中は暗いし、あたりまえと思っていた生活が足もとから崩れるような本能的危機感をもった」という。

 このまま東京23区でくらしていていいのか。もっと地に足のついたくらしをすべきではないか。子どもを連れて、夫の実家の安曇野市に行った時に口にしたアスパラガスの何と美味だったことか。いつしか農業をしながら安曇野で子育てをしたい。夫とそんな話をするようになった。

 とはいえ、夫は大学から東京に来て、都内の一流銀行につとめる銀行員。農業をしたことはない。彼女も津田塾大学を出た後、企業に勤めた。すぐに仕事をやめて農業というのは現実的ではない。上の子が社会人になるまでの5年間を準備期間と決めた。

 その間に、ファイナンシャルプランナーとして仕事の幅を広げた。そして計画通り、上の子は社会人として東京に残り、小林さんは夫、5歳になった二男と安曇野に移り、夫の実家の小林農園を継ぐ。新鮮なおいしさが衝撃的だったトマトやアスパラなどの栽培に、夫の両親の助けを得て精を出した。

「彼女は、僕より向いているんじゃない」

 1年後、夫の友人たちが、市議選に夫をかつぎたいと言ってきた。夫は農業の「いろは」がわかり始めたばかり。他のことに手を出す気にはなれない、せっかくの申し出だが、と断る。

 同時に夫は代替案を出した。「彼女はどう? 僕より向いているんじゃないか」。夫をかつごうと説得にきた友人たちはびっくり。「えっ、女が政治? 女が市議に?」。そんなことは想像もしていなかったようだ。

 「夫の友人たちだけではないんです。子育て中の女性と政治というのがまったく結びつかない土地柄で、私が出馬すると決めた後も、近所の人やさまざまな人から『女が選挙に出て何するの』と言われました」

 夫が彼女を推した時、一番驚いたのは彼女だったかもしれない。しかし、移住してきてから日々、「若い人が町にいない」と感じていた。若い人が住みつづけたい町にしないと、このまま衰弱するのではないかと、危機感を深めていた。

 夫は「君ならやれるよ」と言う。10月の選挙を控えた7月、小林さんは小林農園で採れたトマトとアスパラをもって私の東京の事務所をたずねてきて、「女性のための政治スクール」にも入校した。

 私のアドバイスにしたがい、彼女は近辺の女性たちを集めて野菜をつかった料理と食事会を始めた。子どもや家族の悩みごとも話す。毎月のやりくりや老後の資金の相談は、ファイナンシャルプランナーのお手のものだ。

拡大新宿駅構内での安曇野市農産物をPRするイベント(あずさマルシェ)に参加した小林陽子さん

>>この記事の関連記事

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

円より子

円より子(まどか・よりこ) 元参議院議員、女性のための政治スクール校長

ジャパンタイムズ編集局勤務後、フリージャ―ナリスト、評論家として著書40冊、テレビ・講演で活躍後、1992年日本新党結党に参加。党則にクオータ制採用。「女性のための政治スクール」設立。現在までに100人近い議員を誕生させている。1993年から2010年まで参議院議員。民主党副代表、財政金融委員長等を歴任。盗聴法強行採決時には史上初3時間のフィリバスターを本会議場で行なった。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

円より子の記事

もっと見る