メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

安保法制論議、かみ合っているのか

写真・図版:安保法制論議、かみ合っているのか 安保法案の衆院特別委での質疑の様子=2015年6月1日午後  「沖縄の二つの新聞社はつぶさなあかん」。こんな感情的な発言が自民党国会議員の勉強会で飛び出した。安倍首相に近い作家の百田尚樹氏の言だ。その首相は、「どこかの時点で議論が尽くされたという議会の判断がなされれば、決める時には決める」。延長した今国会での安保法案の採決を意気込む。冷静で建設的な議論なき権力の暴走――。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする