メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

辺野古承認をめぐり、沖縄県と国が全面対決

写真・図版:辺野古承認をめぐり、沖縄県と国が全面対決 国会議事堂前で沖縄・辺野古への基地移転反対を訴える人たち 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設計画をめぐり、沖縄県と国が全面対決の状態に突入している。翁長雄志知事は10月13日、名護市辺野古の埋め立て承認を取り消した。一方、防衛省は14日、国交相に対し行政不服審査法に基づく不服審査請求を行った。米議会調査局は「激しい政治闘争につながる可能性がある」と先行きに懸念を表明している。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする