メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

宏池会(岸田派)は保守中枢になれるか?

写真・図版:宏池会(岸田派)は保守中枢になれるか? 閣議に臨む岸田文雄外相(右)と安倍晋三首相ら閣僚 「安倍1強」といわれる中、自民党岸田派(宏池会)の存在感が問われている。会長の岸田文雄外相は10月、「当面、憲法9条は改正することを考えない」と研究会で語り、「ハト派」をアピールしてみせた。だが「ポスト安倍」候補の一人として今後いかに独自色を打ち出していくのかは不透明なまま。「『宏池会』は保守中枢になれるか」を考える。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする