メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

細川元首相が語る平成政治と小池都知事

写真・図版:細川元首相が語る平成政治と小池都知事 神奈川県湯河原町の自宅で語る細川護熙・元首相(撮影:吉永考宏)  25年前、一人で日本新党を立ち上げ、1年後に自民党から政権を奪って首相になった細川護熙氏は、自ら実現した選挙制度改革の帰結ともいえる平成政治を振り返り、理想との乖離に忸怩たる思いだという。日本新党の同志だった小池百合子都知事や、同党出身者が少なくない民進党への忠告もまじえ、今の政治についての本音を語ってもらった。

Facebookでコメントする