メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

悪質タックル問題が突きつけるもの

写真・図版:悪質タックル問題が突きつけるもの 悪質タックルがあった日大(赤)と関学大(青)定期戦  アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦(5月6日)で起きた「悪質タックル」が、波紋を広げている。メディアは連日のように大きく報道し、ことはスポーツにとどまらず、いまの日本を象徴する社会問題の様相さえ呈する。なぜ、一大学生の反則プレーがここまでの騒動に発展したのか? そこから浮かび上がる問題点は何か?

このテーマについての記事

Facebookでコメントする