メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

民間人大使が活躍するには

写真・図版:民間人大使が活躍するには  伊藤忠商事相談役だった丹羽宇一郎氏が駐中国大使として7月31日に着任しました。諸外国では少なくない民間人大使ですが、日本では主要国への民間人大使は戦後初めてです。民主党は今回の任命によって、外交面での独自色を印象づけることにもなりました。ただ、経営者としてビジネスの世界で発揮した手腕に期待が集まる一方、政治、外交の分野での経験不足を不安視する向きもあります。特に中国との間では、歴史認識や安全保障、領土問題など微妙な課題を抱えているだけに、省内や財界からは戸惑いの声もあるようです。民間人大使がその本領を発揮するには何が必要なのでしょうか。

Facebookでコメントする