メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

なぜ若者は海外に出て武者修行しないのか

写真・図版:なぜ若者は海外に出て武者修行しないのか  ノーベル賞受賞記念の座談会で、白川英樹さんと根岸英一さんが「日本の若者が海外に出なくなっている」と揃って口にした。交換留学などの短期を除いて、日本から海外に長期留学する学生数が伸び悩んでいる。また、海外旅行に出る若者(15~29歳)も過去10年で34%減った。経済的な負担や「内向き志向」、就職活動の早期化などが原因として指摘される。一説によれば、大手商社や外務省でさえ海外赴任を希望しない社員・職員が増えているという。こうした「内向き志向」は、若者が異文化に触れる冒険や苦労をしたがらないせいなのか。若者を海外に出して鍛え、戻って来たら処遇しようという意識が日本社会に欠けているせいなのか。「資源も何もない国」(同受賞者の鈴木章さん)である日本の若者がもっと海外に出るべきなのだとしたら、対策はあるのか。※写真は1960年夏、ハワイに立ち寄ったフルブライト奨学生の記念写真。ノーベル化学賞を受賞した根岸英一さんは後列中央。根岸さん提供。

Facebookでコメントする