メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

アルジェリア人質事件は終わっていない

写真・図版:アルジェリア人質事件は終わっていない 犠牲者の新谷正法さんの遺体が納められたひつぎに花束を供える日揮の川名浩一社長(右)ら=2013年1月26日、成田空港

 日本人10人を含め多くの犠牲者を出したアルジェリアの人質事件。アルジェリア政府が早々と掃討作戦を展開したため、事件を起こした武装勢力がどういう組織だったのか、背景に何があったのか、いまだ明らかになっていない。さらに、海外邦人をどう守るのかといった問題はもちろん、殺害された日本人被害者と遺族に対する補償をどうするのかといった問題もきちんと議論されていない。9・11同時多発テロの際、アメリカ政府は被害者遺族に210万ドルを補償した。それに比べると日本の制度はあまりに貧弱だ。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする