メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

国を捨てたがる韓国国民

写真・図版:国を捨てたがる韓国国民 三・一独立運動記念日を控え、ソウル市内のアパートのベランダに掲げられた太極旗=2002年2月28日  旅客船セウォル号沈没事故の影響は韓国社会にいまだに重くのしかかっている。大統領以下、国民が一体になって悲しみ、犠牲者に謝罪をしたかのようだったが、一方で、「こんな国を出たい」という声も少なくないという。実際、韓国はかねて移民を出すことでは世界でも有数の国だった。しかもその理由もずいぶん「軽い」ようなのだ。韓国といえば、愛国心の強い国というイメージがあるが、なぜ彼らは簡単に母国を脱出してしまうのだろうか。20年以上、韓国に暮らすジャーナリストが、韓国人の複雑な心性をリポートする。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする