メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

韓国から見たヘイトスピーチ

写真・図版:韓国から見たヘイトスピーチ 在特会の街宣活動の禁止を求めた裁判の判決で、京都地裁に入る原告団ら=22013年10月7日午前、京都市中京区  京都の朝鮮学校に対する「ヘイトスピーチ」訴訟で、大阪高裁は「在日特権を許さない市民の会」(在特会)側に賠償を命じた。これで一審に続いて在特会側が負けたことになる。ヘイトスピーチに対抗する「カウンター」運動も広がりつつあるが、韓国では日本のヘイトスピーチへの警戒心はまだ強く、日本を訪れる韓国人は減少している。一方、韓流ブームの「終焉」」や「反日」イメージもあってか、日本から韓国を訪れる人も同じように減っているのだ。「嫌韓」と「嫌日」が向き合う両国関係をどう打開するのか、在韓日本人ジャーナリストの報告から考える。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする