メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

集団的自衛権、創価学会・公明党の「反撃」

写真・図版:集団的自衛権、創価学会・公明党の「反撃」 集団的自衛権行使容認に反対し、公明党の京都府本部前でおこなわれた抗議活動=2014年7月1日、京都市内  安倍政権による集団的自衛権行使容認の閣議決定。安倍・自民党への「抵抗勢力」とみられていた公明党は土壇場であっさり土俵を割ったかのようにみえた。こんな「平和の党」の妥協に、党の支持者からは失望の声も出た。だが、筆者の佐藤優さんは、創価学会・公明党による本気の「反撃」が集団的自衛権行使のハードルを高くしたという。「政教分離原則に反する」との「揺さぶり」もかかった創価学会・公明党の「反撃」とは――。

このテーマについての記事

Facebookでコメントする