メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

ノーベルとイグ、ダブル受賞の意味するもの

北野宏明

北野宏明 ソニーコンピュータサイエンス研究所代表取締役社長

今年のノーベル賞は、鈴木章博士と根岸英一博士という2人の日本人研究者が化学賞を受賞したこともあり、日本のメディアの注目が集まっている。ここでは、あえて別の受賞者に注目をしたい。それは、物理学賞を受賞したマンチェスター大学のアンドレ・ガイム(Andre Geim)博士である。

 なぜ注目するかというと、ガイム博士は、初めてノーベル賞とイグ・ノーベル賞の両方を受賞するという偉業を達成し、いろいろなとんでもなく面白い研究をしている人物であるからである。 ・・・ログインして読む
(残り:約3039文字/本文:約3263文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

北野宏明

北野宏明(きたの・ひろあき) ソニーコンピュータサイエンス研究所代表取締役社長

ソニーコンピュータサイエンス研究所代表取締役社長兼所長。1984年国際基督教大学教養学部理学科卒業後、日本電気に入社。88年米カーネギー・メロン大学客員研究員。91年、京都大学で博士号(工学)を取得。1993年ソニーコンピュータサイエンス研究所入社、犬型ロボットAIBOなどの開発にかかわった。2008年に現職。NPO法人システム・バイオロジー研究機構会長を兼務。Computers and Thought Award (1993)、ネイチャーメンター賞中堅キャリア賞(2009)などを受賞している。

北野宏明の記事

もっと見る