メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS
日本にはテクノロジーアセスメントという考え方が定着していない。テクノロジーアセスメントとは、科学技術がもたらす現在および将来の正と負の影響を見積もること、科学技術の開発によって達成しようとしている目的を実現する代替技術や手段を提示することである。 ・・・ログインして読む
(残り:約2133文字/本文:約2256文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

小林傳司

小林傳司(こばやし・ただし) 小林傳司(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授)

【退任】大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授。専門は科学哲学、科学技術社会論。市民参加型テクノロジーアセスメントである「コンセンサス会議」を日本に紹介して実施した。2001年、科学技術社会論学会の設立に参加した。09年、地球温暖化をめぐる世界市民会議World Wide Viewsの日本代表を務める。※2012年3月末退任

小林傳司の記事

もっと見る