メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

【現地報告】温暖化COP/「送りバント」のつもりが2塁打のカンクン合意

竹内敬二

竹内敬二 エネルギー戦略研究所シニアフェロー

約6500万年前、メキシコの東端にあるユカタン半島沖の浅い海に直径約10kmの巨大隕石が衝突した。地球の気候をガラリと変え、結果的に恐竜の絶滅を促し、哺乳類時代を開いた地球史の一大事件だ。国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP16)が開かれたカンクンはその近くにある。隕石のパワーには比べられないが、将来、「COP16はその後の温暖化政策を変えた」といわれるかもしれない「アッと驚く結末」が最終日に待っていた。カンクンの現地報告。
・・・ログインして読む
(残り:約2357文字/本文:約2573文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

竹内敬二

竹内敬二(たけうち・けいじ) エネルギー戦略研究所シニアフェロー

エネルギー戦略研究所(株)シニアフェロー。元朝日新聞編集委員。科学部記者、ロンドン特派員、論説委員などを務め、環境・原子力・自然エネルギー政策、電力制度などを担当してきた。温暖化の国際交渉、チェルノブイリ原発事故、3・11などを継続的に取材。著書は、電力業界が日本社会を支配するような社会産業構造がなぜ生まれたのか、なぜ福島事故がおきたのかを描いた『電力の社会史 何が東京電力を生んだのか』(朝日選書、2013年)。

竹内敬二の記事

もっと見る