メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

加速する自然エネルギー開発--中東から

大林ミカ

大林ミカ 大林ミカ(自然エネルギー財団ディレクター)

 メキシコ・カンクンで開催されていた国連の気候変動会議が終了した。大きな期待が寄せられていなかったにもかかわらず、米中を含めた先進国・途上国双方が歩み寄り、合意に至ったことで、今後の交渉に向けて前向きな成果を生んだ。

 国際交渉が各国の対策を加速することは間違いないが、交渉の外でも自然エネルギーの動きは着実に加速している。気候変動対策から最も遠いと思われそうな、世界の石油確認埋蔵量の6割を有する中東地域の動きも活発だ。

 特に戦略的に行動しているのが、アラブ首長国連邦(UAE)である。 ・・・ログインして読む
(残り:約1682文字/本文:約1925文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

大林ミカ

大林ミカ(おおばやし・みか) 大林ミカ(自然エネルギー財団ディレクター)

【退任】自然エネルギー財団ディレクター。日本の環境NPO「環境エネルギー政策研究所」副所長、駐日英国大使館の気候変動政策アドバイザーなどを務めたあと10年5月から国際自然エネルギー機関(IRENA)のシナリオ&政策・地域マネージャー。IRENAは09年に設立された自然エネルギー普及のための国際機関(www.irena.org)で、本部はアラブ首長国連邦アブダビ。2011年8月から現職。※2013年7月末退任

大林ミカの記事

もっと見る