メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

科学者は温暖化交渉から離れたらどうか

中西準子

中西準子 中西準子(産業技術総合研究所名誉フェロー)

 COP16が12月11日閉会した。京都議定書後について、しっかりした合意もないまま終わったことで、地球環境問題に熱心に取り組んできた政治家、学者、市民団体から落胆と日本政府への批判が聞かれる。環境問題そのものを研究してきた積もりではあるが、温暖化問題についてはやや離れた立場にあった筆者は、COP16の成り行きを当然の帰結と受け止めた。 ・・・ログインして読む
(残り:約1318文字/本文:約1487文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

中西準子

中西準子(なかにし・じゅんこ) 中西準子(産業技術総合研究所名誉フェロー)

産業技術総合研究所名誉フェロー。東京大学工学系大学院博士課程修了。工学博士。東京大学教授、横浜国立大学大学院教授などを経て現職。専門は環境リスク論。水問題からナノテクノロジーまで、幅広いテーマに目を向けてきた。『環境リスク学』(日本評論社)で毎日出版文化賞。2010年、文化功労者に選ばれた。【2011年WEBRONZA退任】

中西準子の記事

もっと見る