メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

【12月レビュー】「科学」がこんなに語られた

尾関章

尾関章 科学ジャーナリスト

大雪で飛行機がとまったアムステルダム空港で「欧州寒波の「想定外」/技術と社会の接点」(22日)を書いたのは北野宏明さんだ。予定していたテーマを棚上げしての、ひらめきの執筆だった。原稿を受信した私は、思わず僭越にも「新聞記者の手本」とのレスを返した。 ・・・ログインして読む
(残り:約3235文字/本文:約3359文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

尾関章

尾関章(おぜき・あきら) 科学ジャーナリスト

1977年、朝日新聞社に入り、ヨーロッパ総局員、科学医療部長、論説副主幹などを務めた。2013年に退職、16年3月まで2年間、北海道大学客員教授。関心領域は基礎科学とその周辺。著書に『科学をいまどう語るか――啓蒙から批評へ』(岩波現代全書)、『量子論の宿題は解けるか』(講談社ブルーバックス)、共著に『量子の新時代』(朝日新書)。1週1冊のブログ「本読みby chance」を開設中。

尾関章の記事

もっと見る