メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

マチ弁から見た科学技術予算

中村多美子

中村多美子 弁護士(家族法、「科学と法」)

年の瀬押し迫る12月22日、来年度の科学技術予算の増額が首相主導で指示され、27日には、これを受けてノーベル賞受賞者らが首相を表敬訪問したと報じられた。本稿は、そんな報道を目にしたマチ弁の独り言である。

 マチ弁とは、町医者のような弁護士という意味であるが、私は、地方都市の一介のマチ弁である。 ・・・ログインして読む
(残り:約1629文字/本文:約1775文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

中村多美子

中村多美子(なかむら・たみこ) 弁護士(家族法、「科学と法」)

弁護士(大分県弁護士会)。1989年京都大学農学部入学、翌年法学部に転入学。95年司法試験合格。京都大学博士(法学)。関心領域は、家族法や子どもの権利、そして「科学と法」。09年度から始まった科学技術振興機構(JST)社会技術研究開発センターの「不確実な科学的状況での法的意思決定」プロジェクト代表を務めた。日弁連家事法制委員会委員、大分県土地収用委員会会長、原 子力発電環境整備機構評議員。【2017年3月WEBRONZA退任】

中村多美子の記事

もっと見る