メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

生きものの「バーコード」登録が動き始めた

米山正寛

米山正寛 朝日新聞記者(科学医療部)

 生物の種名を同定するツールとして、DNAの特定領域を読み取り、商品に付けるバーコードのように利用する取り組みが広がっている。2003年にカナダの研究者が提唱し、翌年にはコンソーシアム・フォア・バーコード・オブ・ライフ(CBOL)が組織され、魚や鳥、昆虫などでDNAバーコードと呼ばれる領域の配列情報を蓄積する作業が進んできた。昨年には、地球上の全生物種のDNAバーコードをデータベース化することを最終目標とする組織として、 ・・・ログインして読む
(残り:約2106文字/本文:約2318文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

米山正寛

米山正寛(よねやま・まさひろ) 朝日新聞記者(科学医療部)

朝日新聞科学医療部記者。「科学朝日」や「サイアス」の編集部員、公益財団法人森林文化協会事務局長補佐兼「グリーン・パワー」編集長などを務め、2018年4月から再び朝日新聞の科学記者に。ナチュラリストを夢見ながら、とくに自然史科学と農林水産技術に関心を寄せて取材活動を続けている。

米山正寛の記事

もっと見る