メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

 映像や音楽の扱いがこんなに簡単になるとは、20年前には思いもしなかった。最新のビデオレコーダー、音楽プレーヤーは簡単なボタン操作で膨大なメニューからその時の気分に合った好きな作品が選べる。私の携帯音楽プレーヤーにはクラシックの名作から古典落語まで1万件以上の作品が入っていて、必要なときに私を癒し、あるいは刺激してくれる。大量に書斎に貯まった本やCDに比べればすばらしい環境である。これをもたらした大きな要因はハードディスクドライブ(HDD)という情報記憶装置のとてつもない「進化」であった。 ・・・ログインして読む
(残り:約2467文字/本文:約2714文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

内村直之

内村直之(うちむら・なおゆき) 科学ジャーナリスト、北海道大学客員教授

科学ジャーナリスト、北海道大学客員教授。東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程満期退学。1981年、朝日新聞入社。福井、浦和支局を経て、科学部、西部本社社会部、科学朝日、朝日パソコン、メディカル朝日などで科学記者、編集者として勤務し、2012年4月からフリーランス。興味は、基礎科学全般、特に進化生物学、人類進化、分子生物学、素粒子物理、物性物理、数学などの最先端と科学研究発展の歴史に興味を持つ。著書に『われら以外の人類』(朝日選書)など。【2015年10月WEBRONZA退任】

内村直之の記事

もっと見る