メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS
冒頭から私事で恐縮だが、最近和服に興味を持ち出した。思い立ったら止まらない、即行動したくなる性で、今は和服の初心者用の情報をあちこちから収集している。

本・ウェブの情報、古着屋さんの店員さんの言葉からは
「どうか和服を気軽に楽しんで欲しい」
「和服を好きになって欲しい」
「身近に感じて欲しい」
というメッセージが届いてくる。

 何かに似ているな、と思ったら、まさに科学コミュニケーションではないか。上の「和服」という言葉を「科学」に置き換えてもすべて成り立つ。科学コミュニケーションの目的は「科学への市民参与」「科学技術創造立国の復権」などさまざまあるが、その一つは「科学を身近な文化に」というものもある。和服はもともと日本の文化だったのに、今の私たちにとっては遠いものになってしまった。日常として使われていて、生活に寄り添っていたはずの和服が、である。実際、普段、我々が身につけているのは「洋服」である。 ・・・ログインして読む
(残り:約1859文字/本文:約2257文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

内田麻理香

内田麻理香(うちだ・まりか) 内田麻理香(サイエンスコミュニケーター)

【退任】サイエンスコミュニケーター。東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。同大学工学部広報室特任教員を経て独立。様々な媒体を通じて、科学を伝える活動を行っている。著作・監修書に「科学との正しい付き合い方」や「おうちの科学」など。オフィシャルブログ「KASOKEN satellite」を開設中。※2012年3月末退任

内田麻理香の記事

もっと見る