メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

カンニングが刑事事件になったわけ

中村多美子

中村多美子 弁護士(家族法、「科学と法」)

もっともこの事件の第一報を聞いたとき、昨今の携帯電話の機能とそれを使いこなす若者達の能力を考えれば、「ついに発生したか」という感覚なのは否めない。とはいえ、「被害届」「偽計業務妨害罪」「逮捕」などといった一連の急速な流れに違和感を感じた人は少なくなかったのではないだろうか。特に、「偽計業務妨害罪」とカンニングはなかなか結びつかないだろう。大学入試というとりわけ公正さが求められる場面であったとはいえ、カンニングはなぜ刑事事件となったのだろうか。

 法とは、 ・・・ログインして読む
(残り:約1540文字/本文:約1768文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

中村多美子

中村多美子(なかむら・たみこ) 弁護士(家族法、「科学と法」)

弁護士(大分県弁護士会)。1989年京都大学農学部入学、翌年法学部に転入学。95年司法試験合格。京都大学博士(法学)。関心領域は、家族法や子どもの権利、そして「科学と法」。09年度から始まった科学技術振興機構(JST)社会技術研究開発センターの「不確実な科学的状況での法的意思決定」プロジェクト代表を務めた。日弁連家事法制委員会委員、大分県土地収用委員会会長、原 子力発電環境整備機構評議員。【2017年3月WEBRONZA退任】

中村多美子の記事

もっと見る