メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

若者の「ローカル志向」は負の現象か(下)――グローバルの先のローカル

広井良典

広井良典 京都大学こころの未来研究センター教授(公共政策・科学哲学)

経済のグローバル化の先にはローカル化があるのではないか、という本稿(上)の議論は、「新成長戦略」などということが喧しく言われている現政権の時代にあっては、半ば空理空論のように響くかもしれない。しかし、私が昨年、全国の自治体を対象におこなった次のような調査の結果を見ると、そうした方向性は決して現実離れの理想論ではないことが浮かび上がってくる。 ・・・ログインして読む
(残り:約2260文字/本文:約2431文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

広井良典

広井良典(ひろい・よしのり) 京都大学こころの未来研究センター教授(公共政策・科学哲学)

1961年生まれ。84年東京大学教養学部卒業(科学史・科学哲学専攻)。厚生省勤務、千葉大学法政経学部教授を経て現職。この間、マサチューセッツ工科大学客員研究員。社会保障、医療、環境などをめぐる政策研究からケア、死生観などについての哲学的考察まで幅広く発信。『コミュニティを問いなおす』(ちくま新書)で第9回大佛次郎論壇賞を受賞した。

広井良典の記事

もっと見る