メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

電子書籍が EPUB 3.0で新たな段階へ

鎌田富久

鎌田富久 鎌田富久(株式会社ACCESS創業者)

昨年あたりから注目されはじめた電子書籍が、新たなステージを迎えようとしている。ビデオや音楽がそうであったように、コンテンツの普及には、昔も今もフォーマットの統一が重要な鍵となるが、ようやく EPUB 3.0 という規格で日本語も含めて電子書籍のフォーマットが業界で統一される可能性が高くなってきた。Google, Appleはすでに EPUB をサポートしており、電子書籍サービス最大手のアマゾンも、EPUB 3.0 への支持を表明している。一気に世界標準になりそうだ。
拡大電子書籍の例。スマートフォンやタブレット向けに、小説やコミック、専門誌、雑誌などが提供されている。

 米アマゾン社が、2007年末に先鞭をきって電子書籍端末キンドル(Kindle)を発売して以来、数社が電子書籍の専用端末を発売してきたが ・・・ログインして読む
(残り:約1498文字/本文:約1801文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

鎌田富久

鎌田富久(かまだ・とみひさ) 鎌田富久(株式会社ACCESS創業者)

【退任】株式会社ACCESS創業者(元代表取締役社長兼CEO)。東京大学理学部在学中の1984年にアクセス(現・ACCESS)の設立に参画。

世界初の携帯電話向けブラウザ開発を牽引し、年間1億台を超える機器にソフトウェアを提供する企業に育て上げた。ネットワークは、21世紀の情報格差を解消し、豊かな地球生活を実現するキーになると説く。理学博士。※2012年3月末退任

鎌田富久の記事

もっと見る