メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ついに見えた! 被子植物の「受精」

米山正寛

米山正寛 朝日新聞社員、ナチュラリスト

 私たちの身の回りにあふれる被子植物の受精の瞬間を、生きた細胞で直接観察することに、名古屋大学を中心としたグループが初めて成功した。被子植物には、マツやイチョウなどの裸子植物とシダやコケの仲間を除いた、他の陸上植物が含まれる。その受精の過程を観察した研究成果が
・・・ログインして読む
(残り:約2118文字/本文:約2248文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

米山正寛

米山正寛(よねやま・まさひろ) 朝日新聞社員、ナチュラリスト

朝日新聞社で、長く科学記者として取材と執筆に当たってきたほか、「科学朝日」や「サイアス」の編集部員、公益財団法人森林文化協会事務局長補佐兼「グリーン・パワー」編集長などを務めた。2021年4月からイベント戦略事務局員に。ナチュラリストを名乗れるように、自然史科学や農林水産技術などへ引き続き関心を寄せていく。

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

米山正寛の記事

もっと見る