メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

全員が「ベクレル通」になる必要があるか―科学リテラシー考

小林傳司

小林傳司 小林傳司(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授)

 科学リテラシーという言葉が最近よく聞かれる。もともとは読み書きの能力という意味であったが、それがさまざまな領域で転用され、情報リテラシー、科学リテラシーといった具合に使われている。今回の震災においても、放射線や原子力発電所にかかわる知識が注目を浴び、人々の間でベクレルやシーベルトといった言葉が広く知られるようになったが、これも国民の放射線に関する科学リテラシーが「向上」したなどといわれる。確かにその通りではあるが、何か違和感を覚える。

 科学技術をふんだんに利用している社会に住む人間が、科学に関する一定の知識を身につけることは不可欠であることに異論はない。問題はどのような知識を身につけるべきか、なのである。 ・・・ログインして読む
(残り:約2161文字/本文:約2468文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

小林傳司

小林傳司(こばやし・ただし) 小林傳司(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授)

【退任】大阪大学コミュニケーションデザイン・センター教授。専門は科学哲学、科学技術社会論。市民参加型テクノロジーアセスメントである「コンセンサス会議」を日本に紹介して実施した。2001年、科学技術社会論学会の設立に参加した。09年、地球温暖化をめぐる世界市民会議World Wide Viewsの日本代表を務める。※2012年3月末退任

小林傳司の記事

もっと見る