メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

津波の傷跡深い海岸林、その再生策は

米山正寛

米山正寛 朝日新聞記者(科学医療部)

東日本大震災では、海岸林が巨大津波の直撃を受けた。太平洋に面した青森県から千葉県まで、エリアの一部に浸水を受けた海岸林の総面積は、林野庁のまとめで3660ヘクタールにのぼる。クロマツを主体とした日本の海岸林は、 ・・・ログインして読む
(残り:約2648文字/本文:約2753文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

米山正寛

米山正寛(よねやま・まさひろ) 朝日新聞記者(科学医療部)

朝日新聞科学医療部記者。「科学朝日」や「サイアス」の編集部員、公益財団法人森林文化協会事務局長補佐兼「グリーン・パワー」編集長などを務め、2018年4月から再び朝日新聞の科学記者に。ナチュラリストを夢見ながら、とくに自然史科学と農林水産技術に関心を寄せて取材活動を続けている。

米山正寛の記事

もっと見る