メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

スパコン世界一の戦略をよむ

伊藤智義

伊藤智義 千葉大学大学院工学研究院教授

スーパーコンピューター(スパコン)の性能ランキング「TOP500」で、国策の次世代スパコン「京(けい)」が1位になったと発表されたのは6月20日だった。しかし、月日が経つにつれ、「世界一」の高揚感は、(富士通社内を除けば)ほとんど感じられなくなっている。

 それはなぜか?

 「京」がまだ稼働していないシステムであり、使うことができないからだと思われる。悪くいえば「絵に描いた餅」であり、 ・・・ログインして読む
(残り:約2001文字/本文:約2193文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

伊藤智義

伊藤智義(いとう・ともよし) 千葉大学大学院工学研究院教授

1962年生。東京大学教養学部基礎科学科第一卒、同大学院博士課程中退。大学院生時代に天文学専用スーパーコンピューター「GRAPE」の開発にかかわり、完成の原動力となる。現在は「究極の3次元テレビ」をめざし研究中。著書に、集英社ヤングジャンプ「栄光なき天才たち」(原作)、秋田書店少年チャンピオン「永遠の一手」(原作)、集英社新書「スーパーコンピューターを20万円で創る」など

伊藤智義の記事

もっと見る