メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

小宮山大臣のポリオワクチン発言は支持しない

高橋真理子 朝日新聞 科学コーディネーター

ポリオの予防接種を受けない乳幼児が増えていることについて、小宮山洋子厚生労働相がワクチン接種を見合わせないように10月4日の閣議後会見で述べた。その後、神奈川県が安全性の高い「不活化ワクチン」を国外から独自に輸入し、国に先立って希望者に接種することを決めたことに対し、18日の閣議後会見で「日本では承認されていない不活化ワクチンは健康被害が生じた際に公的な補償が行われず、望ましくない」と、神奈川県の対応を批判した。現在、日本で公費で接種されている生ワクチンは、ごくまれではあるが、ポリオを発病させることがある。より安全性の高い不活化ワクチンの方がよいと考えるお母さんが増えている中で、小宮山大臣が単に生ワクチンの接種を勧める発言をしているのは理解に苦しむ。不活化ワクチンは国内で開発中で、使えるようになるのは早くて来年度の終わりごろというが、それを早めるように手を打つことこそ大臣の仕事ではないのか。 ・・・ログインして読む
(残り:約957文字/本文:約1358文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

高橋真理子

高橋真理子(たかはし・まりこ) 朝日新聞 科学コーディネーター

朝日新聞 科学コーディネーター。1979年朝日新聞入社、「科学朝日」編集部員や論説委員(科学技術、医療担当)、科学部次長、科学エディター(部長)などを務める。著書に『重力波 発見!』『最新 子宮頸がん予防――ワクチンと検診の正しい受け方』、共著書に『村山さん、宇宙はどこまでわかったんですか?』『独創技術たちの苦闘』『生かされなかった教訓-巨大地震が原発を襲った』など、訳書に『ノーベル賞を獲った男』(共訳)、『量子力学の基本原理 なぜ常識と相容れないのか』。

 

高橋真理子の記事

もっと見る