メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS
 「知らなかった」。この言葉がわたしたちのくらしを破壊することがよくわかった。専門家が知るべき専門的知識を持っていないのは致命的であり、それなら「専門家」という看板を下ろすのが倫理的であるだろう。一方、一般人(専門を離れた専門家もそうであるが)も、知らなければ、いろいろなことを失う。「どっちを信じていいのかわからない」ではなく、どちらがより信頼できるのかを「判断できる知識」を持つべきなのである。わたしたち、記者もその原則から外れることはない。われわれの仕事はとことん知るべく取材することであった。いずれにしろ中途半端な知識で満足できる世界ではなくなった。そこで、専門家、一般人や記者などだれもが専門的知識を得る「基盤」について考えたい。それは「知るべきことを知る」という科学リテラシーの基本に関わることだ。
・・・ログインして読む
(残り:約3140文字/本文:約3495文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

内村直之

内村直之(うちむら・なおゆき) 科学ジャーナリスト、北海道大学客員教授

科学ジャーナリスト、北海道大学客員教授。東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程満期退学。1981年、朝日新聞入社。福井、浦和支局を経て、科学部、西部本社社会部、科学朝日、朝日パソコン、メディカル朝日などで科学記者、編集者として勤務し、2012年4月からフリーランス。興味は、基礎科学全般、特に進化生物学、人類進化、分子生物学、素粒子物理、物性物理、数学などの最先端と科学研究発展の歴史に興味を持つ。著書に『われら以外の人類』(朝日選書)など。【2015年10月WEBRONZA退任】

内村直之の記事

もっと見る