メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

ヤリイカは小型の雄に大きな精子 なぜ?

米山正寛 朝日新聞記者(科学医療部)

 ヤリイカは刺し身でも丸焼きでも、煮付けでもフライや天ぷらでもおいしい。でも食材として知っているものの、その体や行動についてあまり知っていない生きものは多い。そこで昨年明らかになったヤリイカの不思議を、話題として取り上げてみたい。

 意識している人はほとんどいないのだろうが、ヤリイカには大小2タイプの雄がいる。大きな雄は筒状になった外套膜の長さが30センチほどで、小さな雄だと20センチほど。雌は両者の中間的な大きさなので、小さな雄は雌よりも体が小さい。

拡大ヤリイカの大型雄と小型雄(今回の写真と図は、いずれも岩田容子さん提供)

 しかし精子に着目して調べると、小型雄の精子の方が大型雄の精子より大きいことがわかった。動物の同じ種や同一個体の中に、形や運動能力の違う複数タイプの精子ができることは報告があった。しかし、同一種でありながら体サイズの違う雄が異なる精子を作り分けているという事例が見つかったのは、初めてだという。東京大学大気海洋研究所に籍を置く日本学術振興会特別研究員の岩田容子さん、お茶の水女子大学講師の広橋教貴さんたちが突き止め、進化生物学の専門誌(BMC Evolutionary Biology)に発表した。

 ヤリイカは冬の繁殖期になると、雄が精子の入ったカプセルを産卵前の雌に渡す交接と呼ばれる行動をする。2タイプのヤリイカの雄は、この交接の仕方が異なる。大型雄は雌をめぐる戦いに勝った個体が、雌の体を下から支えるように重なる。そして腕を伸ばして精子入りカプセルを雌の胴体の中にくっ付けて、その後も産卵まで雌を他の雄から守ることに忙しい。

 一方、戦いを避ける小型雄は ・・・ログインして読む
(残り:約1413文字/本文:約2069文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。
Journalismの記事も読めるのは全ジャンルパックだけ!


筆者

米山正寛

米山正寛(よねやま・まさひろ) 朝日新聞記者(科学医療部)

朝日新聞科学医療部記者。「科学朝日」や「サイアス」の編集部員、公益財団法人森林文化協会事務局長補佐兼「グリーン・パワー」編集長などを務め、2018年4月から再び朝日新聞の科学記者に。ナチュラリストを夢見ながら、とくに自然史科学と農林水産技術に関心を寄せて取材活動を続けている。

米山正寛の記事

もっと見る