メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

月面はだれのもの?

辻篤子

アポロ計画最後となったアポロ17号が月面を飛び立ったのは1972年のことだ。その25周年の機会に記者会見した17号のユージン・サーナン船長は「いつまでも、月面に最後の一歩を記した男と呼ばれるのは不名誉なこと」と月面探査の空白を嘆いていた。それからさらに15年、今年はちょうど40年になる。サーナン船長は再び、同じ嘆きの言葉を発するだろうか。

今、その月面に新たな目が注がれている。月面はいったいだれのものか、というものだ。

米航空宇宙局(NASA)は昨年夏、アポロ宇宙船の着陸地点などを「歴史的遺産」として立ち入り禁止にするなどの勧告案をまとめた。人類として月面に最初の一歩を記したアームストロング船長の足跡や、月面探査車を始めとする機器類、月面に立てられた星条旗などは「歴史的・科学的にかけがえのない遺産」であり、それらを守るため、という。 ・・・ログインして読む
(残り:約1703文字/本文:約2072文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

辻篤子

辻篤子(つじ・あつこ) 

【退任】朝日新聞記者(オピニオン編集部)。1979年朝日新聞入社、科学部、科学朝日編集部、アエラ発行室、アメリカ総局員などを経て2004年9月から13年まで論説委員を務めた。1989~90年、マサチューセッツ工科大ナイト科学ジャーナリズムフェロー。

辻篤子の記事

もっと見る