メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

どうなる、うるう秒

辻篤子

やはり、そう簡単にはいかない、ということだろう。うるう秒の廃止が決まるかどうか、注目された国際電気通信連合(ITU)の無線通信総会は結局、紛糾の末、結論が持ち越された。

うるう秒とは、地球の自転が遅くなっているために生じる原子時計とのずれを、0.9秒以内に収める目的で挿入される1秒だ。59秒の次に「60秒」が入る。1972年に最初の1秒が入り、この40年で24回、最近では2009年1月1日に挿入された。今年も7月1日に予定されている。

天体の観測に基づいて、そのつど決められるため、挿入は不定期だ。ややこしいし、間違いのもとだから、やめてしまおう、というのが米国などの主張で、日本を含め、先進国の大勢がこの提案を支持していた。これに対し、イギリスや中国が「技術的に解決可能」として反対を表明していたものの、少数派にとどまり、可決されるとの見通しがもっぱらだった。しかし、 ・・・ログインして読む
(残り:約1645文字/本文:約2030文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

辻篤子

辻篤子(つじ・あつこ) 

【退任】朝日新聞記者(オピニオン編集部)。1979年朝日新聞入社、科学部、科学朝日編集部、アエラ発行室、アメリカ総局員などを経て2004年9月から13年まで論説委員を務めた。1989~90年、マサチューセッツ工科大ナイト科学ジャーナリズムフェロー。

辻篤子の記事

もっと見る