メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

変わる高齢者医療-日本老年医学会「立場表明」を読み解く

高橋真理子 朝日新聞 科学コーディネーター

高齢者の「胃ろう」をめぐり、新しい動きが出てきた。口から十分な栄養や水分がとれなくなったときの人工的栄養補給の手段の一つが、胃に穴をあけて管を通す「胃ろう」だ。管から栄養を入れることで、生命は保たれる。

 厚生労働省の研究班は、昨年12月、人工栄養補給導入までの手順や考え方を定めた指針案を公表した。特徴的なのは、意思決定のプロセスについてのガイドとなっていることだ。胃ろうだけを取り出して良い悪いといっても詮ないことで、患者、家族、医療・介護の担当者が十分に話し合いながら本人に最善の選択をしていくことこそ大事だという考え方がそこにある。

 一方、日本老年医学会は1月、「高齢者の終末期の医療およびケア」に関する「立場表明」を11年ぶりに改定した。1月29日付朝日新聞朝刊(東京本社最終版)は、「胃ろう、中止も選択肢 高齢者の終末期医療に基本原則 学会改定」との見出しで伝えた。

 前者は人工栄養補給に焦点を絞った指針案、後者は高齢者医療全体について考え方を示したものと、性格は異なる。だが、二つには共通点がある。「胃ろうは一度作ったらやめることはできない」という「常識」に対し、「中止もありうる」と打ち出していることだ。 ・・・ログインして読む
(残り:約1379文字/本文:約1888文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

高橋真理子

高橋真理子(たかはし・まりこ) 朝日新聞 科学コーディネーター

朝日新聞 科学コーディネーター。1979年朝日新聞入社、「科学朝日」編集部員や論説委員(科学技術、医療担当)、科学部次長、科学エディター(部長)などを務める。著書に『重力波 発見!』『最新 子宮頸がん予防――ワクチンと検診の正しい受け方』、共著書に『村山さん、宇宙はどこまでわかったんですか?』『独創技術たちの苦闘』『生かされなかった教訓-巨大地震が原発を襲った』など、訳書に『ノーベル賞を獲った男』(共訳)、『量子力学の基本原理 なぜ常識と相容れないのか』。

 

高橋真理子の記事

もっと見る