メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

広域がれき処理 「説得」して進めようとしてもダメだ

高橋真理子 朝日新聞科学コーディネーター

歴代の環境相経験者が3月5日に国会内で話し合い、被災がれきの広域処理が進むように協力することを確認した。民主党の小沢鋭仁、江田五月、自民党の小池百合子、川口順子、公明党の斉藤鉄夫の各氏が、自治体の首長の「説得キャラバン」を展開するという。民主党の国会議員も6日に「広域処理推進議連」を立ち上げ、地元選挙区の首長の説得を目指す。

 それにしても、なぜここで「説得」という発想が出てくるのだろう。必要なのは、丁寧な情報開示と当事者たちが集まっての議論だ。善行であっても、人に押しつけるのはおかしい。

・・・ログインして読む
(残り:約1458文字/本文:約1704文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

高橋真理子

高橋真理子(たかはし・まりこ) 朝日新聞科学コーディネーター

朝日新聞 科学コーディネーター。1979年朝日新聞入社、「科学朝日」編集部員や論説委員(科学技術、医療担当)、科学部次長、科学エディター(部長)などを務める。著書に『重力波 発見!』『最新 子宮頸がん予防――ワクチンと検診の正しい受け方』、共著書に『村山さん、宇宙はどこまでわかったんですか?』『独創技術たちの苦闘』『生かされなかった教訓-巨大地震が原発を襲った』など、訳書に『ノーベル賞を獲った男』(共訳)、『量子力学の基本原理 なぜ常識と相容れないのか』。

 

高橋真理子の記事

もっと見る