メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RSS

『スマート化』の流れは止まらない

鎌田富久

鎌田富久 鎌田富久(株式会社ACCESS創業者)

WEBRONZAへの寄稿は今回が最後となる。これまで「スマートテレビ」や「スマート・カー」について述べてきたが、こうした動きは今後あらゆる機器に広がると思われる。最終回は、広がるスマート化の流れについて考えてみたい。

 ここ10年の通信ネットワーク環境の進化には目覚ましいものがあった。特に日本では、光回線によるブロードバンドが家庭へ普及し、個人がもつ携帯電話は高速な第3世代になった(すでに、第4世代と呼ばれているLTEへの切り替えも始まっている)。これと平行して、ソフトウエアの実行環境も様変わりした。従来はパソコン上でアプリケーションを実行するスタンドアロン形式が主流であったが、今ではインターネットを通して、クラウドと呼ばれる大規模サーバ環境上でアプリケーションが実行されるようになった。

 この2つの環境変化が、スマートフォンやタブレットの普及を後押しし、多くのアプリケーションやサービスが世界中で日々生まれている。こうして、従来決め打ちの使い方しかできなかった機器が、いわば無限の可能性を持つようになった。まさに、「スマート化」した訳である。 ・・・ログインして読む
(残り:約1638文字/本文:約2113文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

鎌田富久

鎌田富久(かまだ・とみひさ) 鎌田富久(株式会社ACCESS創業者)

【退任】株式会社ACCESS創業者(元代表取締役社長兼CEO)。東京大学理学部在学中の1984年にアクセス(現・ACCESS)の設立に参画。

世界初の携帯電話向けブラウザ開発を牽引し、年間1億台を超える機器にソフトウェアを提供する企業に育て上げた。ネットワークは、21世紀の情報格差を解消し、豊かな地球生活を実現するキーになると説く。理学博士。※2012年3月末退任

鎌田富久の記事

もっと見る