メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

東京を救ったのは菅首相の判断だったのでしょうか?

伊藤智義 千葉大学大学院工学研究院教授

3月9日付で公開された竹内敬二さんの論考「東京を救ったのは菅首相の判断ではないか」が、しばらくの間アクセスランキングの上位にあり続けた。注目されている証しだ。読者の反応が「YES」なのか「NO」なのかはわからない。ただ、私自身は、この論考のタイトルを見たとき、「それはさすがに言い過ぎではないかな?」と思った。他の人はどんな意見を書くのかと見ているのだけれど、一向に掲載される気配がないので、自分の意見を述べることにした。

 経済産業省の原子力安全・保安院が福島第一原発事故を評価レベルとして最悪のレベル7へ引き上げたのは、震災発生から1ヶ月経った4月12日である。この日を契機に、私は大震災で感じたことを文章に書き始めた。記憶が風化しないうちに、「そのとき」を書き留めておく必要を感じたからである。個人的なブログで公開しているので、興味のある方は参照頂ければ幸いである。

 その中で、菅首相が東京電力に乗り込んでいったことについても記載した。「残念ながら、そこに理性は感じられない。実際に、事故現場で命をかけて闘っている人々がいる中での発言である」と酷評した。さらに、次のように続けた。

##

 この背景について、朝日新聞3月16日朝刊3面に、次のように報道されている。「首相の元にはある閣僚経由で『東電側が福島第一原発からの社員引きあげを検討している』との情報が寄せられていたのだ。首相は先手を打ってクギを刺したのだった。首相周辺は『東電にすべて任せていたら、勝手に作業を打ち切ってしまいかねない。それを防ぐには政府が乗り込むしかない』」

 そういう意図を印象づけるためのパフォーマンスだったのかもしれない。しかし、指揮系統のトップであれば、感情的な姿勢を見せるのは、逆に周囲に不安を与えかねない。事故対策において、冷静さは第一条件だからである。

 作業現場では人命が関わっている。当然ながら、「全員撤退」という事態も想定しておく必要がある。

##

 現在、東京電力が「全面撤退」と言ったか言わなかったかが論点の一つになっている。あの当時、言葉尻一つが、それほど重要な問題だっただろうか。人命がかかっているので、たとえ「全面撤退」と発言してもおかしくはないし、そう発言したからといって、対策を放棄できる状況ではなかったはずだ。「国難」なのである。

 竹内さんの文章に、

・・・ログインして読む
(残り:約1166文字/本文:約2143文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

伊藤智義

伊藤智義(いとう・ともよし) 千葉大学大学院工学研究院教授

1962年生。東京大学教養学部基礎科学科第一卒、同大学院博士課程中退。大学院生時代に天文学専用スーパーコンピューター「GRAPE」の開発にかかわり、完成の原動力となる。現在は「究極の3次元テレビ」をめざし研究中。著書に、集英社ヤングジャンプ「栄光なき天才たち」(原作)、秋田書店少年チャンピオン「永遠の一手」(原作)、集英社新書「スーパーコンピューターを20万円で創る」など

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

伊藤智義の記事

もっと見る