メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS
チェルノブイリ原発ツアーの報告を続ける。

 4号機の脇を通り抜け、北にあるプリピャチ市に入った。

拡大

 原発で働く人々のために1970年に作られた町である。ガイドのオクサナさんによると、86年当時の市の平均年齢は26歳、毎年1000人ずつ人口が増えていた。平均年収も他地域より高く、いわば誰もが羨む未来都市だった。事故の翌日、5万人の市民がソ連政府の用意した1200台のバスと3台の電車で避難した。「すぐに帰れる」と説明したため、「それなら避難したくない」と部屋から出なかった高齢者もいたが、軍人がくまなく見回り、見つけ出して退去させたという。

拡大

 26年後の今は、文字通りのゴーストタウンだ。オクサナさんは、手にした事故前の写真をその場その場で見せて説明する。週末、若者が集ったカフェ。その奥は、プリピャチ川に面した船着き場。ここから船に乗ってキエフ市まで行けた。映画館、警察署、ホテル、市民ホール、スーパーマーケット。ソ連時代、普通の町には存在していなかった立派な建物が、今は荒れ果てた姿をさらす。遊園地もあった。観覧車は、ソ連にとって大事な祝日であるメーデーにオープン予定だった。ところが5月1日を目前にして全市民がいなくなったため、観覧車は一度も客を乗せることなく、そのまま捨て置かれている。

拡大

 オクサナさんがマンホール脇のコケに線量計を近づける。どんどん値が上がる。毎時20マイクロシーベルト。水が集まるジメジメしたところはホットスポットなのだという。

 再びバスに乗って向かったのは、原発敷地内の食堂。入るときは、全身測定器で自分の被ばく量をチェックする。といっても、ほんの数秒で測定が終わる簡便型だ。合格ランプがつくのを確認して、階段を上がると、そこはいわゆる社員食堂だった。メニューは一種類。しかし、ジュースにスープ、サラダ、メインディッシュ、デザートがついていて、普通の日本人だと食べきれない。

 一息ついてから、バスで4号機の裏に行く。

拡大

 今回のツアーでもっとも4号機に近づけた。

・・・ログインして読む
(残り:約1110文字/本文:約1957文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

高橋真理子

高橋真理子(たかはし・まりこ) ジャーナリスト、元朝日新聞科学コーディネーター

1979年朝日新聞入社、「科学朝日」編集部員や論説委員(科学技術、医療担当)、科学部次長、科学エディター(部長)、編集委員を経て科学コーディネーターに。2021年9月に退社。著書に『重力波 発見!』『最新 子宮頸がん予防――ワクチンと検診の正しい受け方』、共著書に『村山さん、宇宙はどこまでわかったんですか?』『独創技術たちの苦闘』『生かされなかった教訓-巨大地震が原発を襲った』など、訳書に『ノーベル賞を獲った男』(共訳)、『量子力学の基本原理 なぜ常識と相容れないのか』。

 

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

高橋真理子の記事

もっと見る