メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

科学技術ジャーナリストはもっとツッコミを入れてほしい

中村多美子

中村多美子 弁護士(家族法、「科学と法」)

科学技術の研究者らと話をしていると、しばしば耳にする愚痴めいた話題がある。大事な研究なのになかなか社会の耳目が集まらない、報道してもらえない、科学技術ジャーナリストの報道が不正確で誤解を生む、などなどである。時折耳にする「科学技術ジャーナリスト」ってどういう人たちなのかしらと思っていたところ、日本科学技術ジャーナリスト会議(JASTJ)が独立行政法人科学技術振興機構(JST)社会技術研究開発センターと共に開いたミニフォーラム「研究と社会をつなぐ・・・科学技術と報道のあり方を探る  「医療」「科学と法」の取り組みから 」(7月13日)で、「科学と法」の問題提起をさせていただく機会を得た。
拡大科学技術と報道についてのミニフォーラム=7月13日、JST東京本部別館で

 ミニフォーラムの開催にあたって、JASTJ武部俊一会長は、「今まさに時代が求めている取り組みを、研究開発に終わらせることなく、社会に役立てるためにはどうしたらよいか。科学技術と社会の間で役割を担う報道や科学コミュニケーションのあり方も含めて、参加者が一緒に議論し、考えていきたいと思います」とメッセージを寄せている。

 確かに、最先端科学技術研究は、専門的すぎて難しい。社会に有用な面があっても、専門知を社会の文脈をつなぐのは、簡単な話ではない。だからこそ、研究者は、懸命にその研究の「社会的意義」を説く。研究費の多くは競争的研究資金などの税金によってまかなわれていることを思えば、そのスポンサーである「社会」に研究の意義を理解してもらわないことには、研究費がいつ削減されるかわかったものではないという研究者側の危機意識もわからなくはない。

 かといって、ジャーナリストは、研究者の御用聞きではない。

 もっとよく勉強してくださいと、どっさり専門資料を提供する研究者の姿を目にするたび、私は、科学技術ジャーナリストと研究者との間に、専門家同士のコミュニケーションにありがちなミスマッチを感じる。

 研究者は、科学技術ジャーナリストという専門性をどのように理解しているのであろうか。

 参加していた様々なジャーナリストと話をする中で、そもそも、報道のプロフェッションとはなにか、ということについて、非常に重要な示唆をくださった方がいた。

・・・ログインして読む
(残り:約1351文字/本文:約2260文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

中村多美子

中村多美子(なかむら・たみこ) 弁護士(家族法、「科学と法」)

弁護士(大分県弁護士会)。1989年京都大学農学部入学、翌年法学部に転入学。95年司法試験合格。京都大学博士(法学)。関心領域は、家族法や子どもの権利、そして「科学と法」。09年度から始まった科学技術振興機構(JST)社会技術研究開発センターの「不確実な科学的状況での法的意思決定」プロジェクト代表を務めた。日弁連家事法制委員会委員、大分県土地収用委員会会長、原 子力発電環境整備機構評議員。【2017年3月WEBRONZA退任】

中村多美子の記事

もっと見る