メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS
放射線を測る装置はいろいろあるが、体の中の放射性物質の量を測るにはホールボディカウンター(WBC)という大がかりな装置が必要になる。高価で数が少ない、周囲の放射線量が高いところでは正確な値が出ない、調整がいい加減なまま使っている例がある、などの問題点が指摘されてきた。そこに流れてきたのが「福島県郡山市の病院が短時間で内部被曝の検査ができる最新装置を購入し、11月から検査開始」というニュースだ。空港の手荷物検査場にあるようなゲート型の装置の中に立つと、セシウムの内部被曝量を測定できるという。9月24日のNHKニュースを見た人がツイッターで「本当だろうか」と物理学者に問い合わせると、たちまち「これはWBCではない」というコメントが複数の専門家から出た。それではいったい何なのか?

 ガイガーカウンターは放射線の数を数えるだけの器械だ。WBCは、ガンマ線の数をエネルギー別に測る。エネルギーがわかると、セシウムから出たものか、カリウムから出たものか区別がつく。そこから体内の放射性セシウムの量を計算ではじき出すのがWBCだ。ただし、その計算をするソフトウエアは妥当か、検出器が正しくエネルギーを測っているか(ずれていないか)、周囲の放射線をきちんとシャットアウト(遮蔽)しているか、つまり体の内部からきた放射線だけを測っているか、など専門家が確認すべき事項は多い。一言で言えば、内部被曝は簡単には測れないのである。とくに周囲の放射線量が高くなっている地域では難しい。

 NHKの報道によると、

・・・ログインして読む
(残り:約1698文字/本文:約2343文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

高橋真理子

高橋真理子(たかはし・まりこ) ジャーナリスト、元朝日新聞科学コーディネーター

1979年朝日新聞入社、「科学朝日」編集部員や論説委員(科学技術、医療担当)、科学部次長、科学エディター(部長)、編集委員を経て科学コーディネーターに。2021年9月に退社。著書に『重力波 発見!』『最新 子宮頸がん予防――ワクチンと検診の正しい受け方』、共著書に『村山さん、宇宙はどこまでわかったんですか?』『独創技術たちの苦闘』『生かされなかった教訓-巨大地震が原発を襲った』など、訳書に『ノーベル賞を獲った男』(共訳)、『量子力学の基本原理 なぜ常識と相容れないのか』。

 

※プロフィールは原則として、論座に最後に執筆した当時のものです

高橋真理子の記事

もっと見る