メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

ノーベル賞にみる生物学の無境界性

武村政春

武村政春 東京理科大学准教授(生物教育学・分子生物学)

子どもの頃、10月という月には特別な意味があった。筆者自身の誕生月だったからである。しかし、やがて成長し、研究者を志すようになって、10月という月にはもう一つ、特別な意味が付与されるようになった。すなわち、その年のノーベル賞受賞者が発表される月、という意味だ。私自身、研究者でもあるし、また一般教養の生物学の授業のネタにもしているので、はっきり言って10月のこの週は、誰が受賞するのかが気になって、他の仕事が手につかないほどである。

 今年のノーベル生理学・医学賞は、英国の生物学者ジョン・ガードン博士と、京都大学iPS細胞研究所長山中伸弥教授の2名に授与されることになった。日本人の受賞ということで他の執筆者が詳しく書くであろうから、筆者はむしろ、ノーベル化学賞の方に注目してみたい。今年のノーベル化学賞は、「Gタンパク質共役受容体の研究」により、米国の二人の分子生物学者、レフコヴィッツ博士とコビルカ博士に授与されることになった。

 そもそも「Gタンパク質ってなんじゃらほい」ということから話を始めるが、平たく言えばGタンパク質は、細胞膜の内側で"待ち構えている"タンパク質で、細胞の外から何かのシグナルがやってくると、「ほいきた!」とばかりにそのシグナルを細胞の内部へと伝達するという、非常に重要な役割をもったタンパク質である。その伝達に、「GTP」という化合物を利用することから、「GTP結合タンパク質」というのが正式な名前だ。

・・・ログインして読む
(残り:約3546文字/本文:約4162文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

武村政春

武村政春(たけむら・まさはる) 東京理科大学准教授(生物教育学・分子生物学)

東京理科大学大学院科学教育研究科准教授。1969年三重県生まれ。1998年名古屋大学大学院医学研究科博士課程修了。博士(医学)。名古屋大、三重大の助手等を経て現職。専門は生物教育学、分子生物学、細胞進化学。著書に「レプリカ~文化と進化の複製博物館」(工作舎)など多数。【2015年10月WEBRONZA退任】

武村政春の記事

もっと見る