メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

news letter
RSS

複製という名のサイコロを、神は振りたもう

武村政春 東京理科大学准教授(生物教育学・分子生物学)

私は常々、iPS細胞の臨床応用にはある一定の危惧を抱いていた。再生医療への応用という点に関してはそれほどの危惧はないのだが(ある程度の危惧はある。本論を読み進めていただければ明らかになるだろう)、生殖医療への応用という点に関しては、特に私は「複製」の観点に鑑みて、以前から疑問を呈していたし、WEBRONZAでも指摘したことがある。その危惧や 疑問は、山中伸弥京都大学教授がノーベル生理学・医学賞を受賞した後も、変わることはない。

 すでに多くの人たちが指摘していることなので言うまでもないが、iPS細胞には、二つの大きな応用可能性がある。一つは再生医療・難病解明のツールとしての応用可能性であり、いま一つは、不妊治療のツールとして生殖細胞を作り出すことを目的とした応用可能性である。ただし後者の応用可能性とは、iPS細胞から生殖細胞を作り出し、それを受精させて子を作る可能性を指すのであって、不妊メカニズムの解明のためにiPS細胞から生殖細胞を作るのは前者の応用可能性に含まれる。

 今年のノーベル生理学・医学賞のプレス・リリースには、「By reprogramming human cells, scientists have created new opportunities to study diseases and develop methods for diagnosis and therapy(ヒトの細胞をリプログラミングすることにより、病気を研究し、診断と治療の新しい方法の開発の新たな機会を作り出したのだ)」とある。すなわち前者の応用可能性を評価して、ノーベル賞の授賞を決めたことがわかる。

・・・ログインして読む
(残り:約2549文字/本文:約3253文字)

全ジャンルパックなら本の記事が読み放題。


筆者

武村政春

武村政春(たけむら・まさはる) 東京理科大学准教授(生物教育学・分子生物学)

東京理科大学大学院科学教育研究科准教授。1969年三重県生まれ。1998年名古屋大学大学院医学研究科博士課程修了。博士(医学)。名古屋大、三重大の助手等を経て現職。専門は生物教育学、分子生物学、細胞進化学。著書に「レプリカ~文化と進化の複製博物館」(工作舎)など多数。【2015年10月WEBRONZA退任】

武村政春の記事

もっと見る